ご参加ありがとうございます。|2018年10月11日(木)
フォトレポート|朗読サークル 10月の<朗らか読み>
イン 日比谷図書文化館(東京)

呼びかけ人:たなかやすひこ(トランクイル)

<2018年10月には、この作品を楽しみました。>

だいすきな 本を、声にだしてそっと読んでみた。
心が、わくわくしてきて、笑顔になった!

<参加者全員で読みました!>
・「草にすわる」詩
    (八木 重吉・著/市河紀子・選評『草にすわる』より)
・「間違い」詩
    (谷川 俊太郎・著/詩集『日々の地図』より)
・「八木重吉「こうして 草にすわれば…」〜人間が犯している間違い〜」
    (村田 雅幸・文『2016.07.11 YOMIURIONLINE ライフ』より)

<ひとりひとり読みました!>
・「果物」「木」「素朴な琴」詩
    (八木 重吉・著『日本の詩歌23』より
・「尾生の信」小説
    (芥川 龍之介・著『芥川龍之介全集3』より)
・「どんぐりとやまねこ」紙芝居
    (宮澤賢治・原作/堀尾 青史・脚本/渡辺 有一・
・「ろじではなく ろーじ 路地の愉しみ方歩き方」エッセイ
    (柏井 壽・著京都の路地裏 生粋の京都人が教えるひそかな愉しみ』より
・「近藤乾之助 謡う心、舞う心」ノンフィクション
    (藤沢 摩彌子・著
・「月とマーニ」絵本
    (三島 有紀子・著『しあわせのパン』より

 オトナになっても、
 本を読んでもらうと、

 聴いているうちに
 子どものようにわくわくした気持ちが、
 わいてきます・・・。
 
 そんな時間を
 月に1度くらいは楽しみたいと思い
 企画してみました。

 どうぞお気軽にご参加くださいませ。

<これまでの開催時のフォトレポートです>

<朗らか読み>こんな方におすすめします。

 このごろあまり本を読んでいなかったなあという方
 本を読むことは好きだけれど<朗読>は初めてという方
 <朗読>は健康に良いらしいと思っていた方
 優しくおだやかな気持ちになりたい方
 <朗読>の発表の場所や<仲間>を求めている方

<開催概要>

朗読サークル <朗らか読み> イン 日比谷図書文化館(東京)

日時:2018年10月11日(木)10時30分開始予定(12時00分終了予定)
会場:日比谷図書文化館 セミナールーム B
呼びかけ人:たなかやすひこ(トランクイル)
参加費:(無料)


・今後、月に1回程度の開催をめざしています。
 今回1回だけのご参加でもOKです。
 今後も開催を予定しています。

・お好きな作品(3〜8分くらい)をお読みください。
 えほん、エッセイ、詩、小説の一部、紙芝居など作品は問いません。
 お読みになる本(もしくはコピー)をご持参ください。

・5名から10名前後のご参加を想定しています。
 どなたでもご参加いただけます。
 朗読が初めての方、大歓迎です。

・参加費は、無料です。

・10時30分開始、12時00分終了予定です。
 開場は、10時15分をよていしています。

・事前お申し込み制です。

<呼びかけ人・プロフィール>


 たなか やすひこ

 声はハンサムな(?)朗読愛好家です(笑)プロフィール詳細は、こちらです。

<トランクイルプラザ>の基本ルール

①自分の考えや価値観を、他者に押し付けない。
②他者の意見や考えを、否定・非難したり、傷つける発言はしない。
③当日に知り得た個人的な話の内容は、他言しない。
 (個人情報の厳守)
④特定の宗教や思想を押し付けず、強引な販売や勧誘はしない。
⑤<トランクイルプラザ>以外での参加者の交流については、
 制限しないが個人の責任において行う。