フォトレポート|坂爪圭吾さんを囲む<いばや>なトークライブ
in さいたま(新座・志木)|2015年3月7日(土)

講師:坂爪圭吾さん(にいざほっとぷらざ 会議室2)  *集合写真撮影:トクさん*

テーマ:ぼくらは みんな 生きている!?

 私は、人間の本質は「不真面目」で「自己中心的」で

 「誰かに命令されるのは大嫌い

 (嫌なことをやらされるのは大嫌い)」なものだと思っている。

 自分が嫌だと思うことを、

 自分の感情を押し殺してまで続けた先に、

 人類全体の(何よりも自分自身の)幸福が待っているとも思えない。

 (坂爪圭吾さんのblog「いばや通信」2015/02/08より)

 坂爪圭吾さん(29歳)。
 なんとも不思議な魅力を感じるヒトなのです。

 彼は、住む家を持たず日本国内ばかりか、海外にも足を伸ばして
 自由気ままに人生を謳歌しているようにも見えます。

 現在進行形で彼が紡ぐ言葉は、
 彼の日々の生き方で裏打ちされているのだと思います。

 ほぼすべて共感しています。
 とはいえ、私(=主催者)自身は、
 あまりにも頭を使わずに生きてきたのではありますが・・・。


 そして、どうしても坂爪圭吾さんに、
  逢いたくなったのです。


 今回は、初めてお逢いする坂爪圭吾さんを
 自宅にお招きする感覚で開催いたします。

 そんな坂爪圭吾さんを、
 あなたは、ご存知ですか!?

 ぜひ、いっしょに坂爪圭吾さんに、逢いましょう!!!


「いま一番影響を受けている人は、坂爪圭吾さん」と語る青年・カルロスさんも
 参加してくださる予定です(お忙しくなければ、きっと・・・)!


 会場は、
 池袋から25分、新宿三丁目から31分、渋谷から37分、

 仙台からも2時間の・・・、

 東武東上線・地下鉄副都心線・地下鉄有楽町線の
 <志木駅>直結の「にいざほっとぷらざ」です。

開催概要

 講師:坂爪圭吾さん(ibaya≪いばや≫共同代表)

 テーマ:ぼくらは みんな 生きている!?
  ・坂爪圭吾さんの想い
  ・参加者の皆さんとの対話
  ・Q&A
  *お話の内容は、上記内容と異なる場合があります。
   あらかじめご了承くださいませ。

 会場:にいざほっとぷらざ 4階・ 会議室2(志木駅南口直結)|http://tranquilplaza.net/event/to_niizahotplaza.html
   (東武東上線/地下鉄副都心線・志木駅南口駅直結)

 開催日時:3月7日(土)16時00分〜18時30分
  ・開場:15時45分
  ・開始:16時00分(〜18時30分終了予定)
    ・参加者自己紹介タイム
    ・坂爪圭吾さんのお話&参加者との対話 <Q&A>
    *適宜、休憩をお取りいただきます。

 懇親会:終了後、坂爪圭吾さんにもご参加いただきます。
  ・19時から2時間ほど懇親会開催を予定しております。
   会場は、志木駅周辺のファミレス・カフェなどをイメージしています。

 参加費:投げ銭(お気持ち)  
  ・当日、封筒をご用意いたします。トークライブ終了後、受付にて承ります。
  ・なお、前払いにつきましては、
   決済上の都合により、3パターン設定しています。
  *投げ銭は、坂爪圭吾さんの活動にお役立ていただきます。

 参加お申込み:事前お申込み制です。

 ・peatixで、お申込み下さい。

 ・なお、メール( yasuhiko*tranquil.jp )でのお申し込みも承ります。
  メールタイトルを「3月7日参加申込」としていただき、
  本文に、1)参加者のお名前 2)メールアドレス 3)電話番号をご記入の上 
  上記メールアドレス(「*」を「@」に置き換えて下さい)宛、お送り下さい。

 定員:20名ほど
 *お申込み先着順とさせていただきます。

坂爪圭吾さん|プロフィール

 KEIGO SAKATSUME

 ibaya≪いばや≫共同代表(PLVS VLTRA|より彼方へ!) 
 1985年4月7日(日)新潟県生まれの不死鳥。
 「いばや」とは、 
 「とにかくやばいことだけをやる(固定概念を破壊する)」合同会社。 
 最近のテーマは「圧倒的肯定力」。

  ・blog「いばや通信」|http://ibaya.hatenablog.com
  ・Facebook(KeigoSakatsume)|https://www.facebook.com/keigosakatsume
  ・twitter|https://twitter.com/KeigoSakatsume

主催者|メッセージ

 この企画は、
 主催者である私自身が、
 「坂爪圭吾さんに逢いたい!」という想いを実現するために企画しました。

 坂爪圭吾さんのブログ「いばや通信」やfacebookで発信されることばに触れている内に
 なぜか「わくわく、どきどき」してしまう私自身の体験を、

 リアルの場で、
 参加者のみなさんと一緒に体験し、
 その「わくわく、どきどき」の輪を、広げていきたいのです。